当たり前だが本当に役立つメディアは金儲けよりきちんと取材して嘘を書かないところです

2017年11月22日

本日はメルマガとnoteの日。

 1 優秀な在宅スタッフを採用する方法
 2 犬のしつけ方法DVDは売れるか?
 3 フリーランスが情報発信するのに最適な媒体は
 4 ユーザーに求められるオウンドメディアのポイント
 5 ホロレンズを活用したAR事業の展開について
 6 高校生の子供への進路選択へのアドバイス

です。まぐまぐ!または、スマホで読む方はnoteでお買い上げいただけます。関係ないですがついでにInstagramもフォローしていただけると喜びます。

さて、寒くなってきました。そうなるといよいよ

カニのベストシーズン到来!!!

なわけですよ。
何度か書きましたけど、一昨年の12月に我々カニマニアのオッサンが集まり「経費で蟹が食べたい」ということではじめた「蟹は祭りだ カニ.co」ですが、おかげさまで現在検索では「カニ」とか「蟹」では楽天、Amazon、Wikipediaについで4位、カニ通販でも8〜11位あたりです。

こうなってきますと、いろいろなカニの通販会社から広告ASPを通して「広告掲載してください」という依頼がたくさんきます。特別単価というのですが、
うちの広告出してくれたら成果報酬はほかより多く出します

みたいなの。成果報酬の広告収入を基盤とするメディアの多くは成果報酬や成果承認率が高いところを上にして「オススメランキング」みたいにしていると思います。
テレビだって歌のベストテンみたいなのは自社系列のを上位にして競合局の系列は紹介しなかったり、情報バラエティでは制作会社にお金を払うと紹介してくれたりを普通にやってるわけですが、これみんな本来はステマだと思うんですよ。だから自分たちはやらない。申請があったところはサイトを見て「これだとまあまあ本気かな」というところは必ず自腹で買います。

ココが肝心なのですが、アフィリエイト広告ではセルフバックというのがありまして、メディアでは割引で商品が買えるのです。使用レポート用ですね。しかしこれを使うとメディア用にスペシャルなものを送ってくるかもしないじゃないか!!よって・・・・

個人名で買います!!

本人だと特定されるかもしれないので家族名で買うのです。ほとんどミシュランガイド。www
てな事を書いていますと・・
「実際にそんなことしているわけない」
「ステマに決まってる」
とか、いろいろ言われる。自分がステマやってるから他人もそうだろうという浅ましい輩だと思うんですけどね。アフィカスの中にはフォトショバリバリで「2週間でシミが消えたクリーム」とか「白髪がなくなった」的な100%詐欺記事(本当ならノーベル賞 ww)を投入している浅ましい人たちもたくさんいるんですが、厚労省は薬機法で個人体験全部ダメにするはずだからみんな路頭に迷ってくれ。

買って食べてダメだった場合、社名入れてdisるわけにもいかない。または食べたけどとくに取り柄も無くて紹介するほどじゃないんだけど、ひどいというわけでもない店もあります。ところが今回、「成果報酬、一杯払います」って申し出があったところを購入して食べた頃、これがまあ・・・・・・


特大1キロのはずの花咲ガニがこの重量・・・・

そして・・・超特大800gのタラバガニが

・・・・・・・・

いつものように永江式の冷凍のカニを最高に美味しく食べるメソッド
詳しくはココに書いた。
あなたは毛ガニの本当の旨さを知らない!?何倍も旨くなる調理法とは
と同じようにして食べてみたのであるが・・・・

で、結果はというと・・・・・・これはもう晒しても良いレベルなんでめちゃくちゃ詳細のレポートを寄本さんと書きました。結論で言うと二万払ってこれはないというレベル。怒りの詳細レポは以下です。

かに通販の失敗例…。実食検証「不合格」編を特別公開!

2万円以上自腹で(経費だけど)投入したのに・・・まったくもって落胆させられた怒りをぶつけましたのでぜひご覧下さい。ww

高価な食材では非常に良し悪しが分かれるネット販売

タイトルの通りなんですが、特にカニは反社会的組織の資金源になってるという噂もあり、また販売時期が年末に集中するためか「売り逃げ」的な商売のところが大変に多い。

4年も前に書いたエントリーですが・・・・
正月用にモールやオークションでカニを買うのは・・・かなりギャンブル!!

騙されたという評価が数十以上あるショップが山のようにある。カニをあまり食べたことのない人にとってはスーパーのカニだって十分に美味しいわけですが、これって

スシローも十分美味しいけど銀座久兵衛とは別物

みたいな話なんです。スシローしか食べたことのない人は回る寿司でも十分に美味しいんだけども、1回でも一流店の回らない寿司を食べたら「これはもう別の物だ」と感じるはずだ。カニも同じでコストコやスーパーのカニと、一流のカニは同じ形はしていても全く別ものなんです。

ところが「価格だけは一流並みだけど中身はスシロー」というカニを「一流です」と通販しているショップが非常に多い。冷凍業者とコネが付けば自社で在庫持たなくてもドロップシップみたいにして販売できるから、サイトだけ見栄えが良いように作っておく。スーパーで買ったカニしか食べたことのないカニ素人はそれでも美味しいと感じるから怒らないが、味が分かる人は「騙された」と感じるわけですね。モールや広告ASPもいちいち試食するわけにはいかないから検証不可能なわけです。

となると、本当にこうしたメディアで実地検証するところしか信用できなくなって、徐々に認知度が上がると思うんですよ。報酬が良いところを上にするんじゃなくて実際に試用したり試食したりしてレポートする、正当派のメディアです。最終的にはGoogle神もこういうとこを上にしてくると思うし、目先の金よりずっと楽しいと思うんですよ。ちなみに同じメンバーでやっている「得する引越ドットコム」というメディアも、実際に引っ越ししたり、店に足を運んだり、問い合わせしたりして制作しています。

いまから自分でアフィリエイト広告を基盤にした情報サイトやりたいと思ってる方は、これを基本に考えればいいと思うんです。要するに

金儲けメインの炬燵記事から
手間とお金を掛けた意味あるものへ

みたいな感じでしょうか。

さてAmazonでは明日まで東洋経済が最大ポイント50%還元やってますので狙い目です。
【全品50%ポイント還元】 東洋経済新報社 創立122年記念フェア

リクルートの先輩の藤原さんのこれも対象になってた

  • -
  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly
PAGE TOP