いまだに続くAmazonマーケットプレイス中華詐欺は、もしかして米企業に対するテロではないかと思うなり

2017年4月29日

本日よりいよいよGWに突入。ちょっと前書き長いです。

わたしがコンサルタントとして参加しているJTBの電子チケットサービスPassMeでございますが、この度、LINEビジネスコネクトから普通のLINE@に運用を変更することになりました。LINEビジネスコネクトはアプリはともかくWebサービスとの連携が悪い。Webサービスだと友達承認するときにLINEのIDとパスを求められるのですが、多くのLINEユーザーはLINEのパスワードを失念しておりそこで大半が離脱してしまいます。この仕様はどうしようもないらしい・・・・。

で、LINE@に移行するにあたり・・・・・友達になってくれた方には(最大20%OFFクーポンプレゼント)というのをやってます。20%のは終了したのでいまは15%ですがGWに行楽施設にいかれる方はすぐ使えますのでとってもお得なのです。お得なPassMe!価格から更に割引できるクーポンです。豊島園も参画開始です。
★第2弾 15%OFFクーポン(←今はここ!)
 ・利用期間:2017/4/28(金)~2017/5/30(火)
 ・配布期間:2017/4/28(金)〜2017/5/14(日)
★第3弾 10%OFFクーポン
 ・利用期間:2017/5/15(月)~2017/6/19(月)
 ・配布期間:2017/5/15(月)〜2017/5/31(水)
このエントリーをPCで見てる方は、スマホを取りだしてLINEの友達追加で

このQRコードを読み込んですぐ友達になれます。
スマホで見ている方は、ここのページに行って「友達追加」のボタンを押して頂くと友達になれます。
友達になるといまだと15%オフクーポンコードが送られてきますので、GWのお出かけにはぜひご利用ください。お一人様1回なので、お母さんとお父さんのスマホでそれぞれお友達になると二人分ゲットできます。そのあとPassMeでチケットを買うときに適用ください。

いまだに続くAmazon中華詐欺、なぜ収まらない?

自分がこのエントリーを書いたのはもう4日も前。

【緊急警報】Amazonで世界規模の大中華詐欺が勃発中!! 被害者にならないために

しかしながら、デジタル機器類ジャンルなどはAmazonが必死に削除したらしく、だいぶん詐欺業者は収まってきました。Amazonが30削除すると40出すくらいの勢いだったのだが、だんだん向こうも根負けしてる感じ。テレビの情報バラエティでも取り上げられたし、徐々に周知はされてきてると思うのだが・・・・。

今度はどんどんマイナーなジャンルに広がりつつあります。たとえばこれ。ブログに書くとAmazonの担当者も削除するだろうが・・・
釣りのリールのイトを巻き取ったり、まき直したりする道具です。すげー便利だよ。

ここのマーケットプレイスは

安いほうから上位6人、つまりAmazon出荷分以外全部詐欺です。
詐欺のパターンもだんだん自動化されていて

××××は、カスタマーに対し、最高水準のカスタマーサービスを提供することをお約束します。

というのがテンプレートで自己紹介。www
可哀想なのが
福岡県にお住まいの村上○子さん
大分県にお住まいの橋本み○き
さんなど、住所に電話番号まで露出されているのだが・・・・リテラシーの問題なのか、露出されているのは女性名が非常に多い。たぶんAmazonは使うけどネットはあまり見ないんでしょうな。

店名に名前を使われている杉森由○季さんとか、名前で検索すると大量に商品が出てきます。www
もう、Amazon、これだけの個人情報漏洩、いったいどうするんだよ的な話になってる。イタズラ電話とかLINEで電話番号登録して

「ひさしぶり、××さん、いまちょっと困ってるんだけど」

と、また詐欺の犠牲者が簡単に増えるだろう。さらに本名と住所と電話がわかるわけだから、Facebookで顔を確認して若い女子と判明したら簡単にストーカーができる。というか、こんなの誰でも思いつくからもうしてるだろうと思う。警視庁とかAmazonに立ち入りしたほうがいいレベルなんですけどね。二次被害がたぶん間違いなく起きる。

使ってなかったアカウントを乗っ取られているケースと、新規アカウントの開設が簡単だから盗み出したクレジットカード情報でどんどん新規登録するケース、そして2段階認証していなかった出店者のアカウントを乗っ取るケースと3種類あるようだ。おそらくはLINEで大発生した乗っ取り事件の時のIDとパスワードを当てていると思います。マーケットプレイスは個人より早く2段階認証が適用されたのに、やってなかった出店者にも責任あるよ。

アカウントが乗っ取られ、私の名前で大量のお取引がされています。

それにしてもAmazonのクソ対応・・・

あまりの状況に昼から仕事を休んで、役に立たないメールではなく直接電話でカスタマーサービスに問い合わせたのですが、今度は「引き継ぎがうまくいっていなかった、急いで対処する、電話には出なくていいし、問い合わせにも反応しなくていい、全部アマゾンが連絡する」というので、とりあえず警察に事情を説明し、調書を取っていただいたのですが、
(さらに、自分のアカウント名を「このアカウントは乗っ取られています!」に変更、連絡先もアマゾンのの電話番号などに変更)
今夜また、どうなっているのか、という問い合わせの電話が。その後も電話が鳴り続けています。
そのうちの一人に事情を聴くと、Amazonからはちゃんとした説明がなく、だから直接電話をしたとのこと。後から連絡先を変更しても、もう千人近い人たちが私の連絡先を知っており、さらにグーグルマップで私の玄関までみられる状況だといわれました。高値で取引した人は、そちらに行くかもしれないので、それも警察に相談した方がいいと。

単純に新規登録を停止し、プライムより安い価格のマーケットプレイスはいったん全閉鎖して再審査しないと。しかもこれを大至急しないとならないのに、外資系だから上の外人さんたちはもうGWの休暇に入ってると思われます。ホワイト過ぎて草。

なぜこんなことをしているのだろう、不思議じゃない?

ここでちょっと詳しい人たちなら、あることに気づくだろう。それは

なんで犯人たちはこんなことしてるの?

ということなんである。
そりゃ金儲けでしょと思った方・・・・Amazonマーケットプレイスって売り上げがたってから入金までどれだけ時間がかかるか知ってる?

代金の銀行口座への振込は、Amazonペイメントへの登録が完了してから14日後に開始され、以降は自動的に14日周期で行われます。なお、振込手続きが開始されるためには、有効な銀行口座情報およびクレジットカード情報が登録されている必要があります。銀行口座への入金は、銀行の休業日を除き、振り込み手続き開始後6~10営業日ほどかかる場合があります。

つまり、売り上げが立ってもすぐに入金されるわけではない。昨年末あたりならいざ知らず、いま現在のようにどんどん詐欺業者をAmazon側で削除しているいたちごっこの状態では、犯人側にはなんのメリットもないのである。Amazonも返金の手間はかかるが実損はない。実損は個人情報を露出されられている騙された顧客のみ。

いや犯人側にはメリットがないどころではない。受取口座を変更しているのであれば口座は凍結される。帰国する留学生から口座をひとつ買うのに2〜5万円といわれているので丸損だ。しかも新規登録の詐欺アカウントはクレジットカードの入力が必要なので、たとえそれが盗み出したものであってもそのたびにひとつずつ失っていく。すでに数万以上は失っているのではないか。

ひょっとして乗っ取ったけど口座は変更していないのかもしれない。どうせ凍結されるならそんなことはしないもんね。では凍結覚悟でいまだに詐欺アカウントを大量に出し続けているのはなぜなんだろう・・・・
考えられるのは

グローバルな米企業へのテロ

でしょう。愉快犯という可能性もあるが、かなり大規模すぎる。Amazonは世界の企業の時価総額ランキングで4位。決算発表が数日前にあり、業績好調で株価は上がったがそのあとは一転して下降

まだこの世界的な詐欺事件が株価に反映しているかはわからないが、信用の失墜は大きい。そう考えると中国の人民解放軍のサイバー部隊によるテロか、イスラム原理主義者のハッカーか、はたまた愉快犯のハッカーか、いろんなことが考えられるけどこれは「損得ずくではない」という事ができるかもしれない。

そんなわけで警視庁の公安部とか内調も調査すべきだと思うんですが、いかがざんしょ。

で、いまTVコマーシャルで流れているのはもうすぐ公開のこの続編です。この映画めちゃくちゃ面白いよ。ぶっちゃけコメディSFで泣いてしまったのは初めてだった。まだ見てない方はGW に絶対見るのだ。

  • 0
  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly
PAGE TOP