ネットで炎上したりインフルエンサーとか言われても世間じゃ誰も知らないよ

2018年7月28日

いろんなところでセミナーなんぞしまして、ソーシャルは楽しいよということをいいますと、必ず

炎上したら怖いんですが大丈夫ですか

ということを尋ねる方がいます。割と女性に多い気がします。新聞やテレビで「炎上」とか言うのが報道されるのを見て、とても怖いらしいです。が、まて・・・

あなたは、剛力彩芽さんですか

と聞きたい。www
さらに剛力彩芽はやっかみで炎上というか罵詈雑言を浴びせかけられたが、前澤さんは別にどってことない。テレビの視聴者の大半は前澤さんなんてほとんど知らない。今回の件で報道されてやっと「ああ、お金持ちの実業家ね」という認知ができたくらいだろう。

杉田水脈だってネットで炎上したくらいでは誰も知らない。新潮45はABCで19,067部(日本雑誌協会 印刷証明付部数 ※参照日:2017年8月)程度のマイナー雑誌で、これだったらわたしのブログの一日の読者と変わんない。www これは印刷部数で返本を含んでるから実際に買われた部数はもっと少ないです。どんどん右傾化とヘイト化してキワモノ読者にアピールしないとやっていけない。可哀想。

杉田水脈だってテレビに出てはじめて「大変なことをバカみたいに堂々と言う人が政治家になってる」とみんな驚いてる。テレビのバラエティのADはネットをググって話題を探しているからそれに引っかかったわけね。

自分もネットでは

Twitterのフォロワー数 27000弱
Facebookのフォロワー数 14511
Facebookページのファン 10465
Instagramのフォロワー 6294

程度なのに、インフルエンサーとか言われることがある。この程度じゃ世間ではたいした影響力はない。
ブログだとはてなのランクはこのあたりにいる。FeedlyのRSS登録が1.2万いるので更新するだけでそこそこの人が見に来てくれる。

で、自分はテレビはよほどのことがないと出ない。出てもいいことがない。ギャラは安いし、仕事が来てもけっこういまはパンパンで受けられないし、テレビに出ても仕事は来ない。ww そして・・・・顔が売れるのはイヤだ。←ココ重要

よく分かってないみなさんは、「永江さんは有名人だから」という人もいるが、ぶっちゃけ、「テレビにさえ出なければ有名人にならない」ということを声を大にしていいたいのである。証拠を挙げよう。

リクルートの同期だから、みんな国立大とか一流私大は卒業している。いまは会社経営しているのもいる。しかし20人いて、わたしがブログ書いてるのを知ってるのはまあ5人くらいのものだ。当日は次々と「永江、なにしてんの」と言われて困りました。世の中で知的レベルが高めであっても、おっさん、おばはんになるとこんなくらいの認知度です。同期だってこんなもんなんですよ。

じゃあ若い世代はネットに精通しているから知っているだろうって?
大学に呼ばれてゲストで話したことが何度かあるが、わたしのことを知ってる学生はひとりもいません。街で声を掛けられたことも1回もないですが。サーフィンしようとパンツ脱いでる時に2回と、海では1回声を掛けられました。

ネットを見て回ってるのはほんの一部です

ネットの海を泳いで回っている人は「ネット上でこれだけ目にするんだから有名なんだろう」と考える。
が、

実は物凄く狭い世界

なんです。残念なことに。
いくらインターネットに国民の多くが接続できるようになったといっても・・・

問題はなんのために接続しているかだ。


電子メール80.2%、メッセンジャー55.4%と、これは単に電話等の代わりの土管としての利用だし、ソーシャル54.7%といってもこれにはLINEが入ってるから土管としてと考えても良いくらい。このリサーチにはブログの閲覧というのがブログの開設と更新と並列になっておりどうかと思うが、たったの39%しかない。だいたいこの調査も一番重要な「調べもの」みたいな項目がない・・・・・

そもそもネットに接続しても大多数の人は情報を得るためというより身内や仲間内との交流につかっているわけです。たとえばこれ。

データ的に日本ではTwitterを使ってるのは10〜20代の女性が一番比率が高いはずだが、コメントなんて稀少な薬になるくらいしかこない。おそらく友人同士でフォローし合っているものと思う。あとは芸能人をフォロー。Instagramも同じでしょう。つまり

世代間や価値観で閉じている空間

になっているものと思うのです。
以前にも何度か書いているが

ネットからマジョリティへの認知にはキャズム(溝)が深すぎるという講義


ここにも書いたのですが自分はこの程度ではないかと思います。調査データではなくてあくまで体験値。

★イノベーター(インフルエンサー)★ 
数百人〜1000人程度

★アーリーアダプター★ 
10万人未満
※積極的にネットで情報を収集する
※ソーシャルを非常に積極的に運用する

<<<< キャズムと呼ばれる深い溝 >>>

★アーリーマジョリティ★
※ネットで買い物したり調べ物はするが、情報収集は興味があるものを中心に。
※ソーシャルは比較的好きだが身内中心
※Yahoo!は見る
150万人程度

<<<< さらに深いキャズム >>>

★レイトマジョリティ★
※ネットで買い物は、たまにモールで。必要なときのみアクセス
※ソーシャルはLINEなど身内のみでやっている 
※テレビはよく見る
※芸能人のブログとかは見るし、ゲームはする
※マイルドヤンキー、主婦、若い女性に多い感じ → バカッター存在域
5000万人

★ラガード★
※ガラケーで一応天気予報とかは見ている感じ?
※スマホ持ってるけどアプリはほとんど入れてない
※ほぼテレビのみ
※田舎の高齢者は大半これ
6000万人

のこりがネット接続してない層。だから自分は「永江一石」という認知はだいたいこの中で言うと、アーリーアダプターの10万人と、アーリーマジョリティの1/3くらいまでには到達していると思うが、所詮は60万人。日本全体で見たら0.5%。認知度で言うと地下アイドルより低いんです。ブログが100万PVあっても殆どの人は誰が書いてるかも知らないで読んでいますよ。

炎上しようが絶賛されようが所詮は・・・

で、Twitterで炎上しようが絶賛リツイートされようが、所詮はせいぜい数千くらいのレベル。数千が多いと思うかもしれないが、1箇所に集まれば数千人いればたいしたもんだが、日本全国に散らばってるわけで、希釈されて全くたいしたもんでもないレベルになってます。

だから仮に炎上したところでたいしたことはないし、殺されることもない。殺された人がいますが別に炎上したからでもない。そして数日経ったらみんな忘れる。それがネットの世界ってもんです。

付け加えると、真の炎上は100人のうち90人が罵声の場合で、よくあるバカッターがコンビニの冷蔵庫に入るみたいなやつです。剛力さんも100人のうち罵詈雑言は10人やそこらですから炎上ではないのです。単に欲求不満のおかしい人らがはけ口探して集まっただけなんですよ。

高須先生の最新刊出た。タイトルは「大炎上」 ww

  • -
  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly
PAGE TOP