お金がないなら犬を買ってはいけない? はい、その通りです。高齢者が子犬飼うのも無責任がすぎる。

2019年2月18日

朝にテレビ見てましたら・・・

【岡山】犬を車で散歩する高齢者男性が物議!撮影者さんの勇気ある対応に賞賛の声

をやってまして、実際に飼い主さんに取材に行っていました。飼い主さんはおじさんどころか88歳のお爺さんで、足が不自由になって散歩にいけないので軽自動車で散歩させようとしたとのこと。しかし走ってるのは歩道だから道路交通法違反だし、犬は引き立てられるようにして体がよじれてるしで・・・。でも悪気がなく、高齢で判断力が鈍ってるようでした。六歳の柴犬は怪我もなく元気でよかったですが、飼い始めたのが82歳の時で

これはあかんやろ、と

お爺さんは駐在さんにも怒られて大騒ぎになったのでもう絶対しないと言ってました。「わしはずっと犬を飼ってきた。もう飼えなくなるかもしれんなあ」と寂しげに言ってましたけど、そりゃそうだ。冷たいようだが自分の面倒も見られないのに82歳で子犬を飼い始めるのはいくらなんでも無責任や・・・・。

で、わたしのクライアントさんですが、最近相談されたのが「子犬 譲ります 無料」が月間検索数で1000~1万あるが、こんなとこにも「無料厨」がたくさん発生していて頭がクラクラすると。ブログを書くそうですが先に私が書く。w

【追記】ブログが完成したようなのでリンクしておきます

子犬を無料で譲ってほしいというあなた。厳しいことを言うようですがお金に余裕がない人はわんこを迎えない!これ原則。

もちろん保護犬などを引き取るのは素晴らしい(保護犬も予防接種費用なのは自己負担ですので正確には無料ではない)のですが、そういうことではなく

金がないからただで子犬貰いたい

というクラスタも一定量は絶対にいて、それが全然減らない保護犬の多さにつながっているのだと思います。特に田舎。田舎じゃなくても数年前にわたしがいつも停めてるサーフポイントの前で、放していたチワワが見知らぬDQNカップルに強奪されました。2人は笑って車で逃げていったらしいよ。

ここ30年で児童虐待と同じようにワンニャンに対する考え方もかなり変わった

つい30年くらい前までは先生に頭をゴツンとか、運動部の顧問に横っ面張られるとかはごく普通でした。が、いまではそんなことしたら一発で退場です。ワンニャンも同じく、うちの老犬が子供の頃の18年前は、かみ癖のある子のしつけの時に鼻を押さえてぴしゃりとするとかは普通でしたが、いまそんなトレーナーがいたら失業します。つまり時代は変わっているのです。

国民生活センターの資料ですが・・・・

ワンコの寿命はえらく延びました。これはノーベル賞を取られた大村智教授が開発されたフィラリアの薬の効果が大きいです。フィラリアは蚊によって媒介されて心臓を食い尽くす虫ですが、昔のワンコはほとんど外飼いで蚊に刺されるため、1980年代の平均寿命はわずか3歳未満。ほとんど幼犬の時に亡くなってました。

世界中の愛犬家がありがとう!! ノーベル医学・生理学賞受賞の大村 智先生のおかげで犬の寿命が飛躍的に伸びた


いまでは特に都会は室内飼いしかいないうえにフィラリアの薬の服用でちゃんと飼われているワンコはフィラリアにはなりません。完全外飼いのワンコ比率はもう10%いないのです。平成30年の日本ペッドフード協会の大規模調査です。

室内、屋外半々というのも昼間は庭で走らせて夜は家の中でという感じだから実際には室内で寝ている室内犬ということができるはず。

医学の進歩やこうした生活環境や、昔みたいに味噌汁ぶっかけ飯というおよそ犬には適してない食生活からの脱却で、ワンコの寿命は大きく伸びました。国民生活センターの資料ではいまやワンコの平均寿命は15〜17歳と書いてありますが、うちの愛犬はすでに18歳2ヶ月。近所にも18歳のお友達が複数います。しかしいまや両目は見えないし、耳も聞こえない。元気にご飯は食べますが自分で起きられないので毎晩わたしが抱いて寝ています。夜中に外に3回くらいオシッコに行って、ミルク飲ませます。

筋トレバリバリでサーフィンもガシガシやってる同年代では異例な身体のわたしだからできてるという点もありますが、70〜80代になったら絶対に無理。超小型犬ならまだしも、中型犬以上は若いときはともかく老犬になったら世話ができないと思うわけです。加えて

犬とちゃんと暮らすにはめちゃくちゃお金がかかる!!

こういうことを書くと必ずパヨクの人が「貧乏人は犬も飼うなというのかガー」と言うのですが、はい、そのとおりです。犬と暮らしたければ一所懸命に働いてお金を作ってからにしてください。でないと可哀想です。

人間なら健康保険もあるし、最悪、生活保護もあります。子供を飢えさせずに病気になったら医者にも診せることができるのがいまの日本です。しかしワンニャンは違います。アニコムみたいな保険に入っていれば一部を負担してもらえますが、それでも全然足りない。しかしそもそもお金が無いけど犬飼いたいという人が保険を子犬の時から毎月9000円(50%負担の場合)払うとも思えず、病気になったら放置するつもり満々か、またはまったくそのリスクを考えてない人も多いはずです。

ちなみに当家では、ここ数年はずっと平均で月に6万円以上はお薬代を払っています。50%負担じゃなくて70%負担にしておけばよかったけど、50%負担でもアニコムさんは涙目です。つまりアニコムに入ってなければ月12万でした。

高齢犬の食費も凄いよ

うちのおばあちゃん黒柴は、食欲がイマイチで噛むのに疲れてしまうのでご飯が大量に食べられません。普通にしてるとどんどん痩せてきてしまうので、当家では食事の合間に水の代わりにこちらです。

左がロイヤルカナンのクリティカルリキッド。

1本1000円!!!200ccですのでワイン720mlなら3600円の高級ワインに相当!!1ccが1kcalという高カロリーですので、これを1日1本飲ませます。なかなか飲まないので大好きなワンコ用ミルクと混ぜて人肌になるように電子レンジでチンしたあとよく混ぜます。ワンコ用のミルクは

人間用の2倍のお値段・・・www ワンコ、とくに高齢犬に人間用飲ませると下痢しますんでよろしくね。このセットはワンコが病気で食欲無い時に非常に効果的でいままで2回くらい命拾いしました。どうしても飲めないときはこれで注入

そういうことで、我が家のおばあちゃん犬は、医療費と保険に月7万。食費で4万くらいはかかってます。うちが特別ではなくて近所の高齢犬は往診してもらって点滴してたりするのでもっとかかっています。また老後の介護は必ず来るので一人暮らしで昼間は家を空けるような人もワンコを飼うのは非常に難しいと思います。ワンコが寝たきりになったりしたら放置するつもりですか?

そんなわけで冷水ぶっかけてすみませんが、時代は変わっており、昔のように適当にワンコ貰ってきて適当に買うということはできないのです。同様にDQNが適当に子供できちゃったからイヤイヤ結婚して児童虐待も本当に止めてください。気が滅入ります。

  • -
  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly
PAGE TOP